RENAISSACE

株式会社ルネサンス採用サイト

エントリー
menu

エントリーする

採用FAQ

新卒採用

  • Q1.
    体育学部出身ではありません。運動に関する知識がないのですが大丈夫ですか?
    A1.
    心配ありません。もちろん仕事をする上で運動に関する知識は不可欠です。ただ、それについては新入社員研修とOJTで学んでいただきますので、今現在運動に関する知識がない方もご安心ください。ただし、入社後に“自ら学ぶ”積極性は必要です。もちろん体育学部などで運動に関する勉強をしている方も、それが無駄になることはありません。
  • Q2.
    資格がないとトレーナーやインストラクターになれないのですか?
    A2.
    トレーナー(トレーニングジム内での運動指導業務)をするためになくてはならない資格は特にはありません。ただ、自分のキャリアを考えて自ら取り組んでいる人は多くいます。一方、パーソナルトレーナーや多くのグループエクササイズなどは、社内の認定試験を受けて合格しなければレッスンを持つことはできません。
  • Q3.
    選考に実技試験はあるのですか?
    A3.
    ありません。運動能力よりもサービス業としての適性(ホスピタリティ精神)や、学生時代力を入れて取り組んできたことなどを重視しています。また運動に関する知識を問うような試験などもありません。
  • Q4.
    配属の希望は通りますか?
    A4.
    勤務地については、原則として本人の希望や適性、人員のバランスなどを考慮し、会社が最終的に決定します。 各地域エリア社員は、エリア内のどのクラブになるか、同様に会社が決定します。ただし、本人の希望を書面で申し出る機会も1年に1度設けています。(=「CDP申告書」)
  • Q5.
    転勤はありますか?
    A5.
    あります。勤務エリアの範囲内での転勤はステップアップのための機会!と前向きに捉えていただきたいと思います。異なるいくつかの土地で培ってきた経験は、将来のあなたの成長に必ずプラスになるはずです。
  • Q6.
    転勤があるようなのですが、引越しにかかるお金はどうなるのですか?
    A6.
    転勤のための引越しの場合、引越しにかかる費用、住居を借りる際の費用(敷金・礼金)は会社が負担します(借上社宅制度)。引越しをするための休暇(単身者4日以内)もあります。
  • Q7.
    長く働き続けたいが、育児などとの両立は難しいですか?
    A7.
    産前産後休業や育児休業など規則も整備されていますので、ご安心ください。男性で育児休業を取得した方もいます。結婚しても仕事を続けている社員はたくさんいますし、育児休業後復職し、仕事を続ける社員も増えています。女性活躍支援に力を入れており、さらに、仕事と家庭のバランスがとれる企業を目指しています。
  • Q8.
    「グローバルエリア」と「各地域エリア」の変更はできますか?
    A8.
    一定期間にて変更が可能です。また、結婚や介護の理由などにより遠隔地に転勤することが困難な場合は、グローバルエリアから各地域エリアに随時変更が可能です。
  • Q9.
    泳げないのにスイミングコーチをやらなければならないことはありますか?
    A9.
    ありません。もちろんスイミングコーチになるにはある程度の泳力は不可欠ですので、まったく泳げない方がスイミングコーチに配属されることはありません。ただし、現在泳ぎが苦手な方でもこれからの努力次第で一定の泳力に達することができれば、スイミングコーチになることもできます。
  • Q10.
    本社勤務をしたいのですが・・・。
    A10.
    『スポーツクラブ運営』は事業の核となっている部分です。将来のキャリアを考える上でも、クラブでの勤務経験は不可欠なものだと考えています。したがって入社後はクラブで勤務していただくことになりますが、クラブでの経験を積んだ後、次のキャリアのステップとして本社などへ転勤になることはあります。配属については本人の希望や適性、人員のバランスなどを考慮し、会社が最終的に決定します。新卒入社2年目で、本社部署で活躍している方もいます。
  • Q11.
    歳を取ったらインストラクターはできなくなってしまうと思うのですが。
    A11.
    『スポーツクラブで働く=インストラクター』だけではありません。将来、マネジャーとしてクラブのマネジメントをしたい人、新規事業に携わりたい人、本社で店舗開発に関わりたい人、宣伝広告に関わりたい人、また、年齢を重ねても生涯インストラクターとして活躍したい人・・・などその道はさまざまです。「自分のキャリアは自分でつくる」がルネサンスの考え方です。自分が進みたい方向へ進むことができるフィールドがルネサンスにはあります。
  • Q12.
    資格取得を援助してくれるような制度はありますか?
    A12.
    あります。特定の資格取得に対しては、会社が費用を負担します。また、自己啓発金や通信教育など、自ら学ぶ姿勢を援助する制度が整っています。【成長できる環境】のページより詳細をご確認いただけます
  • Q13.
    「スポーツクラブ勤務」と「元氣ジム勤務」の違いは?
    A13.
    大きく異なる点は「仕事内容」・「勤務エリア」・「雇用形態」などです。詳しくは「募集要項」をご覧ください。どちらを希望するかはこれらの条件やご自分の環境などを考え、選んでいただきたいと思います。

キャリア採用

  • Q1.
    これまでまったくフィットネス業界と接点がなかったのですが、大丈夫ですか?
    A1.
    心配ありません。あなたがこれまで培ってきたキャリアをルネサンスでどう生かしていくか話し合いたいと思っています。ルネサンスを、ひいてはこの業界を発展させていくためには、他業界からの人材が必要です。まずはご応募ください。
  • Q2.
    配属の希望は通りますか?
    A2.
    勤務地については、原則として本人の希望や適性、人員のバランスなどを考慮し、会社が最終的に決定します。 各地域エリア社員は、エリア内のどのクラブになるか、同様に会社が決定します。ただし、本人の希望を書面で申し出る機会も1年に1度設けています。(=「CDP申告書」)
  • Q3.
    転勤はありますか?
    A3.
    あります。転勤はステップアップのための機会!と前向きに捉えていただきたいと思います。異なるいくつかの土地で培ってきた経験は、将来のあなたの成長に必ずプラスになるはずです。ご家族のことなどで遠隔地への転勤が困難な場合、各地域エリア社員として入社していただくこともできます。詳しくは「募集要項」をご覧ください。
  • Q4.
    転勤があるようなのですが、引越しにかかるお金はどうなるのですか?
    A4.
    転勤のための引越しの場合、引越しにかかる費用、住居を借りる際の費用(敷金・礼金)は会社が負担します(借上社宅制度)。引越しをするための休暇(単身者4日以内)もあります。
  • Q5.
    育児休業制度などは整備されていますか?結婚して仕事を続けている人はいますか?
    A5.
    産前産後休業や育児休業など規則も整備されていますので、ご安心ください。男性で育児休業を取得した方もいます。結婚しても仕事を続けている社員はたくさんいますし、育児休業後復職し、仕事を続ける社員も増えています。女性活躍支援に力を入れており、さらに、仕事と家庭のバランスがとれる企業を目指しています。
  • Q6.
    「グローバルエリア」と「各地域エリア」の変更はできますか?
    A6.
    一定期間にて変更が可能です。また、結婚や介護の理由などにより遠隔地に転勤することが困難な場合は、グローバルエリアから各地域エリアに随時変更が可能です。
  • Q7.
    資格取得を援助してくれるような制度はありますか?
    A7.
    あります。特定の資格取得に対しては、会社が費用を負担します。また、自己啓発金や通信教育など、自ら学ぶ姿勢を援助する制度が整っています。
  • Q8.
    「スポーツクラブ勤務」と「元氣ジム勤務」の違いは?
    A8.
    大きく異なる点は「仕事内容」・「勤務エリア」・「雇用形態」などです。詳しくは「募集要項」をご覧ください。どちらを希望するかはこれらの条件やご自身の環境などを考え、選んでいただきたいと思います。

障がい者採用

  • Q1.
    勤務地はどのように決まりますか?
    A1.
    長い期間、勤務を続けて頂けるように勤務地については、通院の状況や障がい内容に応じて相談のうえ決めています。面接の際に詳しく伺い、無理なく勤務できる環境をご紹介します。
  • Q2.
    どのような担当業務がありますか?
    A2.
    フロント業務を担当される方が多いですが、体を動かすことが好きな方はフィットネストレーナ−など運動指導するお仕事を担当する方もいます。一般事務のお仕事に加え接客サービスを担当することも当社の特徴です。研修も充実していますのでご安心ください。
  • Q3.
    体を動かすことが苦手ですが大丈夫でしょうか?
    A3.
    心配ありません。スポーツクラブを利用されるお客様も体のどこかに痛みがあったり、動きに制約のある方が多くお越しになります。障がいを持ちの方にしかできない、同じ目線に立ったホスピタリティのあるサービスが提供できると思います。
  • Q4.
    入社後、業務のことや障がいの状況など、相談できる環境はありますか?
    A4.
    直属の上司と定期的に面談があります。また、採用時に担当した人事スタッフにも相談できる環境を作っています。ライフイベントや障がい状況の変化に合わせてその都度、不安なことがあればご相談ください。

エントリーする